メンズファッション情報ブログ。おすすめアイテムやコーディネートをご紹介

メンズコーデにおすすめ。LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートが便利

掲載日:2019/03/15 写真:TODAY BASIC
LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグ3色を並べた画像

丈夫で軽い。L.L.Beanのナイロン製トートバッグ

LLビーンのバッグといえば「ボート・アンド・トート」が人気ですが、ナイロン生地を使用している「エブリデイ・ライトウェイト・トート」もおすすめのアイテムです。

軽量で丈夫、使用しない時はコンパクトに折り畳むことができます。

ボート・アンド・トートも好きですが、気軽に使いやすいのはライトウェイト・トートです。

こちらの記事では、LLビーンのナイロン製バッグ「エブリデイ・ライトウェイト・トート」の特長や収納例、使用イメージを写真付きでご紹介しています。

スポンサード リンク

色は「2カラー」と「3カラー」を販売

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグ3色を並べた画像

ライトウェイト・トートはカラー別に商品ページがわかれていました。左のトートが2色タイプで、本体とハンドル・底のカラーが異なります。

右のトートが3色タイプで、本体とハンドル、底に使用されているカラーがそれぞれ異なります。

3カラーはレトロな配色が魅力

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

3色タイプはレトロな配色がおしゃれなアイテムでした。明るい色の組み合わせというよりも、渋いカラーがセレクトされています。上のトートバッグは「Spruce」というカラー名です。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

こちらは「Bright Navy」というカラー名のライトウェイト・トートです。ブルーやグリーンをベースとしており、メンズコーディネートと相性が良いカラーでした。

3色タイプには「カタディン・ロゴ」のタグが付いている

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

カタディン山脈がデザインされた「カタディン・ロゴ」は、パーカやTシャツ、バッグなど人気アイテムに施されていることが多いです。

2色タイプにはカタディン・ロゴがなく、レトロな配色の3色タイプにのみタグがついていました。

サイズは「ミディアム」と「ラージ」を販売

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

「エブリデイ・ライトウェイト・トートバッグ」はミディアムとラージの2サイズを販売しています。上の写真では3色タイプを掲載していますが、2色タイプも同じサイズ展開です。

サイズ

  • ミディアム:幅33cm(平置き46cm)×高さ30cm×奥行15cm
  • ラージ:幅43cm(平置き61cm)×高さ38cm×奥行19cm

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ラージサイズは容量が31Lあり、ミディアム(15L)の約2倍です。マチも広いので、宿泊旅行やスポーツジムなど荷物が多い時に活躍します。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ラージサイズの上にミディアムサイズを重ねてみました。幅と高さの違いがよくわかります。

幅は10cm、高さは8cmラージサイズの方が大きいです。

カラー別・サイズ別のトート価格について

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

2色と3色、サイズ展開は同じですが、価格は異なります。ミディアムとラージ共に3色タイプの方が1,000円高いです。

LLビーンのバッグは価格が変更されることがあります。記載している価格は2019年3月時点の内容です。

▼ 価格

  • 2色ミディアム:4,900円(税抜)
  • 3色ミディアム:5,900円(税抜)
  • 2色ラージ:5,400円(税抜)
  • 3色ラージ:6,400円(税抜)

どちらのカラーもオプションで「モノグラム」を入れることができる

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

LLビーンのトートバッグは、オプション料金を払うとモノグラム(刺繍)を入れることができる商品が多いです。

エブリデイ・ライトウェイト・トートバッグもモノグラムのオーダーが可能でした。2色タイプと3色タイプ、どちらにも対応しており、公式通販サイトからもオーダーができます。

上の写真では、「Granite/Black」カラーのバッグに黒(ブラック)の糸でモノグラムを入れました。

ジッパー付きなので中身を隠すことができる

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

ライトウェイト・トートで特に便利だと感じるのが、トップにジッパーが付いていることです。オープンタイプのバッグも便利ですが、やはり開きっぱなしが気になることも。

ミディアムにノートパソコンを入れて持ち運ぶことが多いので、ジッパーは欠かせません。

トートバッグの前面にポケットが付いている

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

あまり使っていないのですが、トートバッグの前面にポケットが付いています。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

前面のポケットは、iPhoneXR(7.57cm×15cm)がスッポリと収まる大きさでした。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

3色タイプだけでなく、2色タイプも前面にポケットがあります。ハンカチやメモ帳入れにもおすすめです。

内側にもポケットがあり、こちらもジッパー付き

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

トートバッグを選ぶ上で重要なのが、内側のポケットの有無です。人気商品の「ボート・アンド・トート」は内側ポケットがなく、バッグインバッグを入れて使用しています。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

内側ポケットにもジッパーが付いているので、キーケースや定期入れなどの貴重品を入れやすいです。

キーケースや二つ折り財布など、貴重品を入れやすい

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

こちらは3色タイプ(ミディアム)の内側ポケットです。前面ポケットで使用されているカラーでした。内側ポケットにiPhoneXRと二つ折り財布を収納することができました。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

ジッパーの引き手にはL.L.Beanのロゴがデザインされています。細かい部分ですが、嬉しいポイントです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

3色タイプ・ラージサイズの内側ポケットです。ラージの内側ポケットはミディアムよりサイズが大きく、二つ折り財布がすっぽりと隠れる広さです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

もしかしたら長財布も入るのでは…?と思ったのですが、さすがに長財布は入れることができませんでした。

内側ポケットにはキークリップも付いている

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

内側ポケットの中を見てみると、キークリップが付いていました。

バッグの内側に名前や住所を記入できるタグが付いている

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

LLビーンのバッグは内側に名前などが記入できるタグが付いていることがあります。(グローサリー・トートも付いていました)

必要ない時はカットすることができます。左側に商品情報が掲載されており、ライトウェイト・トートはベトナム製でした。

持ちやすいハンドルの長さ。肩がけもできる

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

ライトウェイト・トートのハンドルは、長すぎず、短すぎず程良い長さです。手で持っても床に付きにくく、いろんな持ち方ができます。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

上の写真では、男性がミディアム(2色タイプ)を肩がけしています。分厚いアウターや滑りやすい生地のコートを着用している場合は、ずり落ちてしまうことも。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのサイズ比較画像

ミディアム(左)とラージ(右)を同じ格好で持ってみました。並べてみるとサイズの違いがよくわかります。身長は177cmで、床にバッグがついていません。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのサイズ比較画像

ミディアムとラージをそれぞれ肩がけしました。どちらも問題なく掛けることができますが、ラージはハンドルが長めで特に掛けやすいです。

ボート・アンド・トートと並べてみました(ミディアム)

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ライトウェイト・トートは、ボート・アンド・トートをヒントに作られた商品とのことです。(LLビーン公式サイトの商品ページに記載あり)

ライトウェイト・トート(左)とボート・アンド・トート(右)それぞれのミディアムサイズを並べてみました。価格はボート・アンド・トートの方が2,000円高く、6,900+税で販売しています。

丈夫な24オンスのキャンバス地を使用しており、何も入れていない状態でも自立します。ライトウェイト・トートはナイロン生地なので、何も入っていない状態では自立しません。

形やサイズも似ていますが、ボート・アンド・トートには前ポケットがありませんでした。

グローサリー・トートと並べてみました

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

LLビーンで販売している「グローサリー・トート」も人気が高いバッグです。綿100%製のビッグサイズトートバッグで、インスタグラムでも見かける機会が増えています。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

グローサリー・トートの上にミディアムサイズのライトウェイト・トートを載せました。素材の違いはもちろん、サイズの違いがよくわかります。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

こちらはラージサイズのライトウェイト・トートを並べました。グローサリー・トートと重ねてみると、ほとんど同じ大きさでした。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ハンドルはライトウェイト・トートの方が少し長めです。グローサリー・トートについては下の記事で詳しくご紹介しています。

バッグの詳細はこちら

マチが広く、底が2重に補強されている

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ライトウェイト・トートバッグはコンパクトに折り畳むことができますが、マチが広いので収納力があります。底部分は2重に補強されているので、本や書類、ノートパソコンの持ち運びにも便利です。

ミディアムとラージ、どちらも雑誌を収納できる

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ミディアムサイズのバッグの上に雑誌(A4)を載せました。雑誌を縦向きにすると、ミディアムサイズの場合はジッパーが閉まりませんでした。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

雑誌やファイル、書類を持ち運ぶ時は横向きに入れます。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ラージサイズの上に同じ雑誌を置きました。縦向きでもスペースにゆとりがあります。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

雑誌を縦向きで入れた状態でジッパーが閉まります。ラージサイズの場合は広すぎて、中で本や雑誌が動きやすいです。

書類やケースに入れたノートPCの持ち歩きにも便利

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

バッグ自体が軽量で、ジッパーが付いているライトウェイト・トートは、ノートパソコンの持ち歩きに便利なバッグです。13インチのノートパソコンをPCケースに入れました。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ケースに入ったノートPCや雑誌、本、ポーチ、500mlペットボトル、タオルをまとめて収納しています。立てて収納できるので、どのアイテムも出し入れがしやすいです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

電車やバス、新幹線で移動する時はしっかりとジッパーを閉めています。ナイロン生地なので、キャンバス生地よりも汚れを気にせずに使いやすいのもポイントです。

旅行バッグやスポーツジム用バッグにおすすめ

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

収納力があるラージサイズは、旅行バッグやスポーツジム用として使いやすいバッグです。シューズやウェア、ポーチなどをまとめて入れることができます。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

ジッパーが大きく開くので出し入れがしやすく、スポーツウェアとも相性が良いデザインです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのモノグラム画像

中に仕切りがないので、ざっくばらんに入れています。財布やキーケース、スマートフォンなどの貴重品はジッパー付きの内側ポケットへ。

トートバッグ自体が軽量

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ライトウェイト・トートを持ってみると、その軽さに驚きました。2色タイプのミディアムを量ってみると、267gでした。公式サイトでは270gと記載されており、ほとんど同じです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

3色タイプのミディアムサイズは260gでした。2色タイプとほとんど同じ重さです。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ラージサイズは345gでした。このサイズのバッグとしてはとても軽いです。

コンパクトに折り畳むことができる。バッグに入れて持ち歩きがしやすい

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ナイロン生地を使用しているライトウェイト・トートはコンパクトに折り畳むことができます。スーツケースに入れておき、帰りのお土産用バッグとしても使用可能です。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

折りたたんでいると開いてしまうことがあるので、輪ゴムでとめておくと便利です。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

買い物に行く時は、リュックにライトウェイト・トートを入れておくことが多いです。軽量なので持ち歩く時も負担に感じません。

2Lペットボトルを入れてみました

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

収納力を確かめるため、2Lペットボトルが何本入るか試してみました。ミディアムは2Lペットボトルが5本入りました。(重くなるので持ち運びは不可です)

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

真ん中部分の高さが足りず、5本入れた状態ではジッパーが閉まりませんでした。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

2Lペットボトルを3本に減らすと、ジッパーを閉めることができました。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ラージサイズには2Lペットボトルを6本入れることができました。高さにもゆとりがあります。

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

ジッパーもきちんと閉まりました。12kgになるので実際は持ち運ぶことはできませんが、ラージサイズの収納力の高さがわかります。

エブリデイ・ライトウェイト・トートバッグの購入は、LLビーン公式サイトがおすすめ

LLビーンのエブリデイ・ライトウェイト・トートバッグのブログ画像

LLビーンの公式通販サイトはクーポンをもらえることが多く、お得に買い物できる機会が多いです。モノグラムを入れることができるのも店舗または公式サイトのみ。

購入した方のレビューも掲載されており、トートバッグ選びの参考になりました。

スポンサード リンク

PAGE TOP