メンズファッション情報ブログ。おすすめアイテムやコーディネートをご紹介

KELTYのラウンドトップショルダーバッグ。SとMのサイズ感や収納例

掲載日:2019/03/10 写真:TODAY BASIC
ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのブログ画像

レトロなデザインと豊富なポケットが魅力。ケルティのラウンドトップショルダーバッグ

アメリカ生まれのアウトドアブランド「KELTY・ケルティ」では、レトロでおしゃれなデザインのバッグを販売しています。普段づかいしやすいデザインで、男女問わず人気のバッグが多いです。

ショルダーバッグやサコッシュも販売しており、こちらの記事では上部が丸い形の「ラウンドトップショルダーバッグ」をご紹介しています。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのブログ画像

ショルダーバッグやサコッシュは角形デザインが多いですが、上部に丸みがあることでコーディネートに変化をつけることができます。

サイズはSとMを使用しており、デザインやカラーバリエーションは統一されていました。

こちらの記事では使用・着用写真を掲載しており、サイズ別の収納量やサイズ感の参考になれば幸いです。

▼ ラウンドトップショルダーバッグの特徴

  • ポケット数が多く、荷物をわけて入れやすい
  • 軽い
  • ショルダーストラップが太く、肩への負担が少ない
  • レトロなデザイン
  • マチが広い
  • カラーバリエーションが豊富

▼ 気になる点

  • ファスナーが少し硬いと感じる時がある
  • ストラップの取り外しができない
スポンサード リンク

KELTY ROUND TOP BAG S

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSのブログ画像

やや小さめサイズの「S」は、女性も使いやすい大きさのショルダーバッグです。サコッシュと違いマチが広いので、Sサイズでも収納力がありました。

サブバッグとして使用したり、近場に出かける時は十分に活躍してくれるアイテムです。

税込価格 5,400円
サイズ 幅25cm×高さ17cm×奥行き10cm
生地 500Dコーデュラナイロン(裏地:210Dポリエステル)
カラーバリエーション ブラック・サンド・グレー・マスタード・タン・キャメル・ニューレッド・ニューブルー・ニューブルー・ダークオリーブ・ネイビー・グラファイト

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSのブログ画像

ラウンドトップショルダーバッグの背面はポケットがなく、シンプルなデザインです。Sサイズはブラックを購入しましたが、マスタードやブルー系などケルティはカラーバリエーションが充実しています。

KELTY ROUND TOP BAG M

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMのブログ画像

Mサイズは「ミニショルダーバッグ」とはいえず、容量が多いショルダーバッグです。カラーはオリーブを選びました。グレーやネイビーなど、ベーシックカラーの服と合わせやすい色です。

税込価格 6,480円
サイズ 幅29cm×高さ20cm×奥行き12cm
生地 500Dコーデュラナイロン(裏地:210Dポリエステル)
カラーバリエーション ブラック・サンド・グレー・マスタード・タン・キャメル・ニューレッド・ニューブルー・ニューブルー・ダークオリーブ・ネイビー・グラファイト

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのブログ画像

サイズ違いでもデザインが統一されているので、背面はポケットなしでした。

SとMサイズを並べてみました

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMのブログ画像

  • S:幅25cm×高さ17cm×奥行き10cm
  • M:幅29cm×高さ20cm×奥行き12cm

幅はSよりもMの方が4cm大きいです。高さは3cm、奥行きは2cm異なるので、Mサイズは収納力が格段にアップします。

ラウンドトップショルダーバッグはマチが広いので、中に物が入っているとしっかりと自立します。バッグ自体は柔らかめなので、何も入っていない状態では自立しませんでした。

使用しない時は薄く畳んでおくことができるので省スペースで収納可能です。

ヴィンテージシリーズは、70年代モデルを忠実に再現した旧ロゴ使用

ケルティのラウンドトップショルダーバッグのロゴ画像

かまぼこのような形のラウンドトップショルダーバッグは、レトロデザインの旧ロゴを使用しています。

三角形のタグをよく見てみると、ロゴの下に「OWNER」と書かれており、名前を記すスペースが用意されていました。

前面にファスナー付きポケットが付いている

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの前面ポケット画像

ケルティのバッグはポケットが充実しているアイテムが多く、使いやすいのが特徴です。ラウンドトップショルダーバッグは前面にファスナー付きポケットが付いていました。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSの前面ポケットブログ画像

Sサイズの前面ポケットに手を入れてみました。リップクリームなど小さい物も取り出しやすい深さです。横向きにするとスマートフォンも入りました。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMの前面ポケットブログ画像

Mサイズのポケットは斜めに入れた手が収まる広さでした。パスケースやメモ帳入れとしても重宝します。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMの前面ポケットブログ画像

MサイズのポケットにタオルハンカチとiPhoneを入れました。ファスナーの開閉がスムーズなので、ハンカチをすぐに取り出すことができます。

両サイドにスリーブ(ポケット)が用意されている

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの両サイドポケットにペンを収納

ラウンドトップショルダーバッグは両サイドに小さなポケットが付いていました。ショルダーバッグでは珍しく、ペン入れに便利なポケットです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの両サイドポケットにハンドクリームを収納

Mサイズのスリーブにはハンドクリームを入れました。冬場など乾燥が気になる時にすぐに取り出すことができます。

ショルダーストラップの太さは3.8cm

ケルティのラウンドトップショルダーバッグのストラップの太さ

ラウンドトップショルダーバッグを使用してみて特に良いと感じた点が、「ショルダーストラップの太さ」です。アウトドアブランドが販売しているショルダーバッグの中でもストラップが太めなアイテムで、肩への負担を抑えることができます。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグと長方形ショルダーバッグのストラップ比較

同じケルティが販売している「長方形ジップショルダーバッグ」のストラップと並べてみました。ラウンドトップショルダーバッグのストラップの太さがよくわかります。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグのストラップを取り外した画像

ショルダーバッグはストラップが取り外せるアイテムが多いですが、ラウンドトップショルダーバッグは取り外しが不可でした。

メインスペースは両開きファスナーを採用

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの両開きファスナー

荷物を一番多く入れるメインスペースは、両開きファスナーが採用されていました。片側だけを開けて使用したり、使いやすい方向にファスナーを寄せておくことができます。

ファスナーの引き手はシルバーカラーで、KELTYのロゴがデザインされていました。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの中身

ファスナーを全開にすると取り出し口が広く、中の物の出し入れがしやすいです。バッグの中はブラックカラーでした。

中にキークリップが付いている

ケルティのラウンドトップショルダーバッグのキークリップ

メインスペースの中にはキークリップが付いていました。バッグの中で鍵が迷子になりにくく、使わない時も邪魔にならないサイズです。

キークリップはSとM、どちらのショルダーバッグにも付いています。

メインスペースは「ファスナー付きメッシュポケット」と「仕切りポケット」がある

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの内側ポケット

ケルティのバッグは内側のポケットが使いやすいのが魅力です。おしゃれなだけでなく、実用性を考えると内側ポケットのあるなしは重要なポイント。

手前側には仕切り付きのポケットが用意されていました。仕切りがあるので2つの収納スペースにわかれており、スマートフォンやモバイルバッテリーを立てて入れやすいです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグの内側メッシュポケット

もう一方にはメッシュタイプのポケットが付いていました。オープンではなく、ファスナー式のメッシュポケットです。

ポケットの中に何を入れているか一目で確認することができ、ファスナー式なのでキーケースや財布など貴重品の収納に役立ちます。

ラウンドトップショルダーバッグSの収納例

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSの収納画像

Sサイズにも500mlペットボトルを入れることができました。ポケットが多いので、財布やスマートフォンも同じバッグに入れやすいです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSに500mlペットボトルを収納

一番広いスペースに500mlペットボトルを入れています。スマートフォンや貴重品は各ポケットに。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSにタブレットを収納

iPad mini4や本(漫画)の持ち運びにも便利です。メンズ用の長財布も入れることができました。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSの収納画像

マチが広いので本とタブレット、長財布をそれぞれ立てて収納することができました。(タブレットを持ち運ぶ時は専用ケースに入れています)

バッグの中で迷子になりやすいリップクリームは前面のポケットへ。

ラウンドトップショルダーバッグMの収納例

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMの収納画像

Mサイズのラウンドトップショルダーバッグは収納力があり、買い物時のバッグとしても使用できます。折りたたみ式のエコバッグを入れておくと荷物が増えた時も心強いです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMに500mlペットボトルを収納

広いスペースに500mlペットボトルと折りたたみ式エコバッグを入れています。

モバイルバッテリーやスマートフォンは仕切りポケットへ。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMにエコバッグを収納

エコバッグは「DEAN&DELUCA」のショッピングバッグを使用しています。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMの収納画像

前面ポケットにはタオルハンカチをリップクリームを入れました。よく取り出すアイテムは前のポケットに入れておくと使いやすいです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグに長財布を収納

タブレットや本、長財布、折りたたみ傘をまとめて収納しました。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMに本を収納

本を入れても高さにゆとりがありました。ノートやメモ帳の持ち歩きにも便利です。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグMに折りたたみ傘を収納

wpc.の折りたたみ傘も収納することができました。散歩や買い物用バッグとして重宝します。

ラウンドトップショルダーバッグSとMを「前掛け」したコーデ写真

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

ラウンドトップショルダーバッグSとM、それぞれを前掛けした写真です。同じコーディネートで並べてみると、バッグのサイズ感の違いがよくわかります。M(右)は前掛けするバッグとしてはやや大きい印象でした。(身長177cm・体重67kg)

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

Sはコンパクトに収まるので、前掛けしても違和感がありません。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

Mは前面のポケットにタオルハンカチを収納できる大きさです。マチも広いので、存在感があります。

ラウンドトップショルダーバッグSとMを「後ろ掛け」したコーデ写真

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

ラウンドトップショルダーバッグSとMを後ろ掛けした写真です。Mはおしりと同じくらいの幅で、やや大きめ。収納力があり、厚みが出やすいので後ろ掛けスタイルが馴染みやすいです。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

Sはサイズが小さめで、厚みも出過ぎずスッキリとした印象。

ケルティのラウンドトップショルダーバッグSとMのコーデ画像

ケルティのバッグはレトロなデザインが多く、シンプルコーディネートのアクセントになります。ストラップも太めなので、肩への負担を抑えることができました。

長方形ジップショルダーバッグと並べてみました

ケルティのラウンドトップショルダーバッグと長方形ショルダーバッグの比較画像

ケルティが販売している「長方形ジップショルダーバッグ」はポケット数が多く、細々とした物を数多く持ち歩きたい時に便利なアイテムです。

ラウンドトップショルダーバッグとは形やストラップの太さが異なります。

バッグの詳細はこちら
スポンサード リンク

PAGE TOP