メンズファッション情報ブログ。おすすめアイテムやコーディネートをご紹介

グレゴリーのサコッシュは収納ポケットが豊富。3サイズの使用例・サイズ感をご紹介

掲載日:2019/03/13 写真:TODAY BASIC
グレゴリーのサコッシュ3種類を並べた画像

使いやすさで選ぶなら「クラシックサコッシュM」がおすすめ

アウトドアブランドのGregory(グレゴリー)では、バックパックやショルダーバッグだけでなく、サコッシュも販売しています。アウトドアドアシーンだけでなく、普段づかいしやすいベーシックなデザインのサコッシュです。

こちらの記事では、グレゴリーが手がけている3種類のサコッシュを写真付きでご紹介。アイテム別の着用写真は収納例を掲載しています。

Gregory(グレゴリー)のサコッシュ

  • 01:クラシックサコッシュM
  • 02:サコッシュLT
  • 03:サコッシュLTM

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

丈夫で使いやすい「クラシックサコッシュM」は、前面にファスナー付きポケットがついており、コンパクト財布やキーケースの収納に便利です。

スポンサード リンク

01:クラシックサコッシュM(CLASSIC SACOCHE M)

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

グレゴリーが販売しているサコッシュの中でも特に人気が高いのが、クラシックサコッシュMです。

バックパックで使用されている厚め生地を使用しており、アウトドアブランドが手がけるサコッシュの中でも作りが特にしっかりしている印象でした。

カラーは定番のブラックを選びました。ディープフォレストカモなど、コーディネートのアクセントになる柄やカラーも販売しています。

グレゴリーの公式通販サイトでは売り切れになっていることが多いアイテムです。クラシックサコッシュMは楽天市場やアマゾンでも購入することができました。

税込価格 5,400円(公式サイト・2019年2月時点)
容量 2L
重量 160g
サイズ 幅27cm×高さ20cm
カラー ブラック・HDナイロン(ブラック)・DRTカモ・ディープフォレストカモ・ツリーラインカモ・ガーデンタペストリー・ウルトラバイオレット・フューシャ

前面にポケットが二つ (メッシュオープンポケットとジッパー付きポケット)

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

クラシックサコッシュMの前面にはメッシュタイプのポケットが付いています。真ん中に仕切りがあり、2つのスペースにわかれていました。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

よく使用するアイテムの収納に便利です。上の写真ではiPhoneとリップクリームを各ポケットに入れています。メッシュタイプなので収納している物が透けて見えます。

背面にはポケットが1つ

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

クラシックサコッシュMは背面にポケットが用意されており、文庫本やメモ帳など、サッと取り出したい物の収納に便利です。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

スナップボタン式のポケットで、しっかりと深さがあります。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

本を入れることができました。背面なので着用している時に目立たず、電車の中でもすぐに取り出すことができます。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

ハンカチやハンドクリーム入れとしても重宝します。サコッシュは前面にポケットがあるアイテムが多いですが、背面ポケットは少なく、あると便利な収納スペースです。

【おすすめ】好日山荘公式通販ショップはクーポンやポイントバックでお得↓

前面にファスナー付きポケットがある。ハンカチやスマホの収納に

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

前面のポケットはメッシュタイプだけでなく、ファスナー付きも用意されていました。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

ファスナーは持ちやすいデザインで開け閉めがスムーズです。小さな部分ですが、グレゴリーのこだわりを感じるパーツでした。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

前面のファスナー付きポケットは深く、手のひらが収まる広さです。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

タオルハンカチとスマートフォンを収納することができました。モバイルバッテリーやパスケース入れとしても重宝するスペースです。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

前面のポケットに財布を入れる場合は、二つ折り財布などコンパクトサイズのアイテムがおすすめです。

メインポケットには、500mlペットボトルを入れることができる

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

クラシックサコッシュMのメインポケットもファスナー式でした。薄いサコッシュですが、500mlのペットボトルも収納可能です。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

長財布も収納可能ですが、アイテムによってはサイズオーバーで入らないことも。ポールスミスの長財布は出し入れがしにくい大きさでした。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

iPad mini4を入れることができました。(持ち運ぶ時は専用ケースに入れています)

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

クラシックサコッシュMに収納しているアイテムを並べました。ポケットが細かくわかれているので、キーケースやリップクリームなどの小物の出し入れがしやすいです。

メインスペースの内側にはポケットはないので、前面や背面のポケットを活用します。

ショルダーストラップはやや太め。長さの調節ができる

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

グレゴリーのクラシックサコッシュMは、ショルダーストラップが太めなので、肩に掛かる負担を抑えることができます。ストラップの長さの調節も簡単でした。

ストラップを取り外し、バッグインバッグやポーチとして使用できる

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

ショルダーストラップは簡単に取り外すことができます。サコッシュ単体をバッグインバッグやポーチとして活用できるので便利です。

「クラシックサコッシュM」を前掛け・後ろ掛けした写真

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

グレゴリーのクラシックサコッシュMを前掛けしました。大きすぎず、小さすぎずコーディネートに取り入れやすい大きさです。(身長177cm・体重67kg)

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

薄型ですっきりとしたデザインなのでバックスタイルにも馴染みやすいです。

02:サコッシュLT(SACOCHE LT)

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

グレゴリーは生地が薄めのサコッシュも販売しています。ライトウェイトシリーズのサコッシュは、近くの買い物など少量の荷物を持ち運びたい時に便利なアイテムです。

グレゴリーの公式通販サイトでも販売しており、「ジェイド/パープル」などおしゃれなバイカラーのサコッシュを見つけることができました。こちらの記事では定番カラーの黒を使用しています。

税込価格 3,780円(公式サイト・2019年2月時点)
容量 1.5L
重量 40g
サイズ 幅23cm×高さ17cm

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

グレゴリーが販売しているサコッシュの中でも特に小さいサイズです。前面にはグレゴリーの新ロゴがデザインされたラベルが付いていました。

前面にジッパー付きポケットが付いている

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

サコッシュLTは小さいサイズのサコッシュですが、前面にファスナー付きのポケットが付いています。

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

前面ポケットにはスマートフォン(iPhone8)を寝かせて収納することができました。

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

タオルハンカチは1枚がギリギリ収まる大きさです。

長財布や500mlペットボトルは入れにくい大きさ

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

サコッシュLTは小さめサイズのアイテムなので、長財布の持ち歩きには不向きです。メンズ用長財布を入れることができませんでした。

ハンカチやスマートフォン、薄型財布の収納に便利

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

二つ折りの財布は入れることができ、タオルハンカチを一緒に収納しています。

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

サコッシュLTに収納していたアイテムを並べてみました。二つ折り財布やリップクリーム、キーケース、スマートフォンなど必要最低限の荷物を入れています。

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

前面のポケットには薄型でコンパクトサイズL時ファスナー財布が入りました。ファスナーの動きがスムーズなので財布やキーケースの出し入れがスムーズです。

肩掛け用ナイロンコードは取り外しが可能

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

グレゴリーのサコッシュLTには細めのショルダーストラップが付いています。細いストラップは肩に負担が掛かりやすいので、重い荷物を入れた状態で長時間の使用は不向きでした。

ショルダーストラップは簡単に取り外すことができるので、サコッシュ本体をポーチやバッグインバッグとして使用できます。

「サコッシュLT」を前掛け・後ろ掛けした写真

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

グレゴリーのサコッシュLTを前掛けした写真です。パーカやTシャツなどカジュアルスタイルと相性がよく、ミニサイズなのでアウターを羽織っても邪魔になりません。(身長177cm・体重67kg)

グレゴリーのサコッシュLTのブログ画像

ミニサイズなので後ろ掛けは少し大人しい印象に。個人的には紐がもう少し太ければ、もっと使いやすくなると感じました。

03:サコッシュLTM(SACOCHE LTM)

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTよりももう少し大きいサイズが良いという場合は、サコッシュLTMがおすすめです。デザインはほとんど同じですが、サイズが一回り大きく、ショルダーストラップが少し太くなっています。

ワントーンのブラックだけでなく、インディゴ/マゼンダなどのバイカラーのサコッシュも販売しています。

税込価格 4,860円(公式サイト・2019年2月時点)
容量 2L
重量 60g
サイズ 幅26cm×高さ21cm

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTMの背面はポケットがなく、シンプルなデザインでした。

前面にポケットが二つ (ファスナー付きと仕切りポケット)

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTMの前面には、オープンタイプのポケットとファスナー付きポケットの2種類が用意されています。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

オープンタイプのポケットは真ん中に仕切りがあり、スマートフォンを入れても倒れにくくなっていました。前かがみになった時に中の物が飛び出る可能性があるので、貴重品やガジェットの収納には不向きです。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

ファスナー付きポケットは手のひらが収まるくらいの広さでした。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

スマートフォンとタオルハンカチを並べて収納することができました。出し入れがしやすいのでよく使用するアイテムの収納に向いています。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

ファスナー自体も指で掴みやすく、動きがスムーズでした。

500mlペットボトルや長財布を入れやすい大きさ

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

小さめサイズのサコッシュLTには長財布が入りませんでしたが、サコッシュLTMにはメンズ用長財布を収納することができました。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

底が膨らみますが、500mlペットボトルも入れることができます。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

iPad mini4もスムーズに出し入れすることができました。持ち歩くときはタブレット専用のケースをつけています。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTMに収納していたアイテムを並べてみました。タオルハンカチや二つ折り財布、ハンドクリーム、キーケースなど細々としたアイテムをまとめています。小さなポケットがあるので、使いたい物をすぐに取り出すことができて便利です。

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

前面のファスナー付きポケットには、薄型のL字型ファスナー財布を入れました。

ショルダーストラップは着脱、長さ調節が可能

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTMのショルダーストラップも取り外しと長さ調節が簡単にできます。グレゴリーのサコッシュはストラップの着脱がしやすいので、ポーチやバッグインバッグとして使いやすいのが嬉しいポイントです。

「LT」と「LTM」を並べてみました

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

グレゴリーの薄型サコッシュ「LT」と「LTM」を並べてみました。基本的なデザインは統一されていますが、サイズやポケット、ストラップの太さが異なります。ストラップが少し太くなっているLTMの方が使いやすいと感じました。

「サコッシュLTM」を前掛け・後ろ掛けした写真

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

サコッシュLTMはスリムなサコッシュなので、前掛けスタイルでも邪魔に感じませんでした。大きすぎず、小さすぎず使いやすいサイズです。(身長177cm・体重67kg)

グレゴリーのサコッシュLTMのブログ画像

ストラップの長さを調節できるので、トップスやアウターのボリューム感に合わせた位置で使用できます。

グレゴリーの3つのサコッシュを比べてみました

グレゴリーのサコッシュ3種類を並べた画像

使用しているグレゴリーのサコッシュ3種を並べました。丈夫さ、使いやすさで選ぶなら一番右の「クラシックサコッシュM」がおすすめです。

サイズ・小さい順

  • 幅23cm×高さ17cm (サコッシュLT)
  • 幅26cm×高さ21cm (サコッシュLTM)
  • 幅27cm×高さ20cm (クラシックサコッシュM)

グレゴリーのサコッシュ3種類を並べた画像

サコッシュLTM(左)とクラシックサコッシュM(右)はサイズがほとんど同じです。荷物が少なく、軽量なサコッシュを探している場合はサコッシュLTMが重宝します。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

ショルダーストラップの太さを比べてみると、クラシックサコッシュMの方が太く丈夫でした。長時間持ち歩く場合は肩への負担が少ないクラシックサコッシュMがおすすめです。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

生地の厚みや素材感は好みがわかれるところです。ロゴがデザインされているラベルも少し異なりました。

グレゴリーのサコッシュ3種類を並べた画像

グレゴリーが販売している3つのサコッシュを前掛けした写真を並べてみました。同じコーディネートでも見え方が異なります。

サコッシュLTとLTMはファスナーとラベルの色が本体と違い、ちょっとしたアクセントになっていました。

グレゴリーのクラシックサコッシュMのブログ画像

ベーシックなデザインで使いやすいグレゴリーのサコッシュは、普段づかいにもピッタリのアイテムです。

グレゴリー・サコッシュのおすすめポイント

  • おしゃれなデザインで、普段づかいしやすい
  • ショルダーストラップの取り外しが可能
  • 前ポケットが使いやすい
スポンサード リンク

PAGE TOP