メンズファッション情報ブログ。おすすめアイテムやコーディネートをご紹介

カリマーのミニショルダーバッグ「VTポーチ」の収納例。サイズ感や着用写真をレポート

掲載日:2019/03/13 写真:TODAY BASIC
カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

ファスナーが大きく開くので使いやすい。カリマーのVTポーチの使用例

イギリス生まれのアウトドアブランド「Karrimor(カリマー)」では、散歩や買い物で使いやすいバッグを販売しています。

VTシリーズではバックパックやショルダーバッグを展開しており、ミニショルダーバッグとして使用できる「VTポーチ」も人気が高いアイテムです。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

レトロなデザインに惹かれて購入したバッグですが、想像以上に使いやすいアイテムでした。

スポンサード リンク

Karrimor VT pouch

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

カラーはネイビーを選びました。正面のロゴタグのレトロさが魅力です。公式サイトでは重さ140gと記載されていましたが、自宅で量ってみると125gとより軽量でした。

税込価格 4,428円(公式サイト・2019年3月時点)
サイズ 幅17cm×高さ13cm×奥行き6.5cm
重量 140g(公式サイト)・125g(自宅で計測)
容量 1.2L
生地 KS-N420HD
カラーバリエーション ブラック・ネイビー/チリ・レジオ・レジオ

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

VTポーチの背面です。ベロクロ脱着式のベルトループが付いており、ウエストバッグとしても使用できます。

ショルダーストラップは取り外しができる

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

ショルダーストラップを簡単に取り外すことができ、ポーチやバッグインバッグとしても使用できました。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

ストラップを外した状態です。マチがしっかりとあるバッグなので、ポーチとしても使いやすいです。また、収納時はストラップを本体に入れておくと省スペースで収納することができます。

ポーチとして使いやすい大きさ

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

トラベルバッグや内ポケットが少ないバッグに入れておくと便利です。バックパックに入れておき、貴重品のみを移して併用するのもおすすめ。

背面にはベルクロ脱着式のベルトループが付いている

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

ベルトループでは珍しくベロクロ(マジックテープ)を採用しています。使用しない時はベロクロの接着面が出ていないので、アウターやトップスに引っかかりません。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

大きめサイズのベロクロを使用しており、しっかりとベルトをホールドしてくれます。

前面にファスナーポケットが用意されている

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

VTポーチの前面にはジッパーポケットが付いていました。引き手には長めのレザーが付いており、ジッパーを開けやすいです。

横長のミニバッグなので、前面のポケットが使いやすい

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

前面のポケットにはiPhone8(6.73cm×13.8cm)を収納することができました。サイズが少し大きいiPhoneXR(7.57cm×15cm)は入りませんでした。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

前面ポケットはリップクリームやキーケース、絆創膏、イヤホンなどよく使用する小物類の収納におすすめです。

メインスペースは両開きファスナーを採用

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

メインポケットは両開きファスナー(ダブルファスナー)タイプでした。ファスナーを開ける幅を調節しやすいです。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

VTポーチは間口が大きく開くのが特徴です。ファスナーをサイドまで動かすことができ、中の物が落ちないようにしっかりとガードが設置されていました。

内側にはメッシュポケットとキーフックが用意されている

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

ファスナーを全開にすると、上の写真のようにバッグが大きく開きます。スマートフォンや財布などサイズが大きい物の出し入れがラクでした。

ネイビーのVTポーチは中が明るいグレーカラーで、収納している物が見えやすいのも嬉しいポイントです。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

内側にはベロクロが付いているメッシュポケットが用意されていました。タオルハンカチなど繊維が引っかかりやすい物の収納には向いていません。

スマートフォンや二つ折り財布が入れやすい大きさ

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

前面ポケットに入らなかったiPhoneXR(7.57cm×15cm)は、メインポケットに入れることができました。メインポケットにはキークリップも用意されています。

長財布は入らない

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

VTポーチは便利なミニショルダーバッグですが、長財布の収納は難しいサイズです。

VTポーチの収納例

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

コンパクトサイズのバッグですが、思っていた以上に収納力がありました。貴重品やモバイルバッテリーなど、スマホ関連グッズも収納しています。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

タオルハンカチ、モバイルバッテリーとケーブル、キーケース、二つ折り財布を立てて収納しています。間口が広いので、どのアイテムも取り出しやすいです。

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

上のアイテムを入れた状態でもスムーズにジッパーを閉じることができました。

カリマーのVTポーチを「前掛け」したコーデ写真

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのコーデ画像

VTポーチを前掛けした写真です。レトロ感があるVTポーチはコーディネートの程よいアクセントになります。バッグ自体が軽量で掛けやすく、前掛けした場合は中の物の出し入れがスムーズです。(身長177cm・体重67kg)

カリマーのVTポーチを「後ろ掛け」したコーデ写真

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのコーデ画像

VTポーチを後ろ掛けした写真です。自転車やウォーキング時にも便利でした。サイズが小さいので物を取り出したい時もスムーズにバッグの位置を動かすことができます。

グレゴリーの「クイックポケットS」と並べてみました

カリマーのミニショルダーバッグ・VTポーチのブログ画像

グレゴリーの定番アイテム「クイックポケットS」とVTポーチを並べてみました。VTポーチの方がやや横長で、デザインはレトロな印象。

ショルダーストラップの太さや着脱の有無など、基本機能が似ています。VTポーチは横長でファスナーが大きく開くので、物の出し入れがしやすかったです。

バッグの詳細はこちら
スポンサード リンク

PAGE TOP