メンズファッション情報ブログ。おすすめアイテムやコーディネートをご紹介

グレゴリー「クイックポケットS」の収納例。サイズ感や着用写真をレポート

掲載日:2019/03/11 写真:TODAY BASIC
グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

グレゴリーの定番アイテム「クイックポケットS」。必需品のみ持ち歩きたい時に便利

バックパックやショルダーバッグの品揃えが豊富なグレゴリーでは、ミニサイズのショルダーバッグ「クイックポケット」を販売しています。

サイズはSとMの2種類を販売しており、こちらの記事ではSサイズをご紹介。収納例や着用写真を掲載しています。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

スマートフォンや二つ折り財布、ハンカチなど必需品のみを入れて使用しています。コンパクトサイズなので、決して収納力があると言えるアイテムではありません。

荷物が少ない場合やリュックとの併用で活躍します。

スポンサード リンク

GREGORY QUICK POCKET S

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ミニサイズのショルダーバッグは色んなブランドが販売しています。グレゴリーのクイックポケットSは縦長で、かわいい形が特徴です。

こちらの記事では定番カラーのブラックを使用しています。ヒッコリーストライプやディープフォレストカモなど、柄タイプも数多く販売しており、メンズコーディネートのアクセントにもおすすめです。

税込価格 4,320円(公式サイト・2019年3月時点)
サイズ 幅12cm×高さ16.5cm×奥行き5.5cm
ショルダーストラップの長さ 62~120cm
重量 145g(公式サイト)・142g(自宅で計測)
容量 1.5L
生地 420Dパッククロスナイロン(ブラックの場合)
カラーバリエーション ヒッコリーストライプ・ブラックタペストリー・ヘリンボーン・エルキャピタン・ハーフドーム・ガーデンカモ・ディープフォレストカモ・ガーデンタペストリー・ブロンズ/パープル・ブルーグラス/パープル・ブラック

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

背面には変わった形のホックストラップが付いていました。ズボンベルトとリュックベルトに取り付けができるのが特徴です。

ショルダーストラップは取り外しが可能

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

グレゴリーのショルダーバッグやサコッシュは、ストラップの取り外しが可能なアイテムが多いです。クイックポケットSもストラップも簡単に外すことができました。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

外したストラップは本体に入れておくと、コンパクトに収納することができます。

ポーチとして使用でき、バッグの小物整理に便利

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ミニサイズなのでポーチやバッグインバッグとしても使いやすいです。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

内ポケットが少ないトートバッグに入れておくと便利です。スーツケースやバックパックに入れ、サブバッグとして準備しておくことができます。

ショルダーストラップの長さは簡単に調節できる

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ショルダーストラップは簡単に長さを変えることができました。男性と女性、どちらでも使いやすく、家族で共有しやすいです。

ストラップの太さは約2.4cmでした

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ショルダーストラップの太さを定規で測ってみました。ストラップは約2.4cm幅で太すぎず、細すぎないサイズです。

もう少し太いと肩への負担を減らすことができるかな?と思いましたが、ベルトが太いと斜めがけした時の印象が変わりそうです。

前面にファスナーポケットが付いている

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

クイックポケットSの前面にはジッパーポケットが付いていました。引き手には長めのレザーが使用されており、ジッパーの開閉がしやすいです。

前面ポケットは、リップクリームやイヤホン入れに便利

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

収納スペースが狭い前面ポケットは、リップクリームやイヤホン、絆創膏など小物類の収納に役立ちます。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

間口が狭いので、幅がある物の収納には不向きです。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

前面ポケットはiPhone8を収納することができませんでした。スマホ収納には向いていません。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

イルビゾンテのレザーキーケースも入れることができました。

【おすすめ】好日山荘公式通販ショップはクーポンやポイントバックでお得↓

メインスペースもファスナー式。内ポケットはなしでした

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

メインスペースは両開きファスナーが採用されていました。こちらも引き手に長めのレザーが付いています。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ファスナーが大きく開くので中の物が取り出しやすいです。内側にポケットは用意されていませんでした。

「iPhone8」と「iPhoneXR」を入れてみました

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

スマートフォンを前面ポケットに入れることができなかったので、メインポケットに収納しました。上の写真ではiPhone8(6.73cm×13.8cm)を立てて収納しています。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

iPhoneXR(7.57cm×15cm)を立てて収納しました。問題なくジッパーが閉まりますが、高さがぴったりサイズでした。iPhoneXRよりも高さがあるスマートフォンは収納できない場合があります。

二つ折り財布はギリギリ入る大きさ

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

幅が狭いミニショルダーバッグなので、二つ折り財布のサイズによっては入らない場合があります。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

上の写真では、イルビゾンテの二つ折り財布(10.5cm×9cm)を収納することができました。

必要最低限の荷物を持ち歩く時に便利

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

グレゴリーのクイックポケットSの収納例をご紹介しています。財布やスマートフォン、キーケースなど必需品のみを入れる場合に便利です。

さらにモバイルバッテリーを入れたいところですが、収納スペースが足りませんでした。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

クイックポケットSを使用する時は、厚みを抑えることができるコットンハンカチを使用することが多いです。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

前面のポケットにはリップクリームとイヤホンを収納しています。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

コンパクトサイズですが、マチがしっかりとあるので収納しやすいです。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

幅が足りず、2回折ったタオルハンカチをそのまま入れることはできませんでした。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

タオルハンカチを入れる時は畳み方を変えています。

ズボンのベルトに装着できる

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

クイックポケットSの拝見には、ベルトループが用意されています。ズボンベルトとリュックベルト、それぞれに対応しているので珍しい形のループです。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

ウエストバッグとして使用する場合はズボンベルトに通します。

リュックベルトにも装着可能

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

グレゴリーに限らず、バックパック(リュック)に取り付けて使用できます。

グレゴリーのクイックポケットSのブログ画像

デジカメやスマートフォンなど、サッと取り出したい物を入れておくと便利です。

クイックポケットSを「前掛け」したコーデ写真

グレゴリーのクイックポケットSのコーデ画像

クイックポケットSを前掛けした写真です。角丸のバッグなので、カッコイイというよりもゆるっとした感じにまとまります。前掛けすると移動中も中の物が取り出しやすいです。(身長177cm・体重67kg)

クイックポケットSを「後ろ掛け」したコーデ写真

グレゴリーのクイックポケットSのコーデ画像

物の出し入れをしない場合は後ろ掛けの使用もおすすめです。軽量でコンパクトサイズなので、肩への負担を抑えることができます。

グレゴリーの「パデッドショルダーポーチS」と並べてみました

グレゴリーのクイックポケットSのパデッドショルダーポーチSを並べた画像

グレゴリーのミニサイズショルダーバッグ「パデッドショルダーポーチS」と並べてみました。ストラップのデザインや引き手、新ロゴタグなどは共通です。

収納量を増やしたい場合は、パデッドショルダーポーチSが重宝します。

バッグの詳細はこちら
スポンサード リンク

PAGE TOP